9回目の台湾





東引を経由して南竿へ。ホテルに荷物を預け、北竿へ



北竿巡り

8月11日





夜が明けて、最初の寄港地 東引



右の東引島と左の西引島を中柱堤が結ぶ。



中柱堤中央の中柱島にある感恩亭(蒋經國(蒋介石の息子)の銅像)



東引 中柱港
寄港から出港まで見ていたのだが、まさか1時間も停泊するとは





東引を離れたところで、もう船酔いはないなと、基隆で買ったおむすびを食べる。





南竿島


枕戈待旦記念公園


媽祖巨神像


南竿島 福澳港到着


船首のハッチが開く。





港からタクシーで八八坑道へ
途中、タクシーは他の女性客二人を乗せる。
なにがおきているのかよくわからずにいると
しばらくして、女性二人は下車。
運転手の女性曰く、買い物だという。
いやそうではなくて、なぜ乗せたのか???

八八坑道到着
八八坑道は、もともとは軍用だったものが馬祖酒工場へ譲渡されたもの。
現在もお酒の熟成用に使用されている内部はお酒の薫り。
(入場無料)






防空避難所でもある様子。



熟成のための酒甕



熟成のためのタンク






タンクの中身は、104年(2015年)の高粱酒





八八坑道からホテルへ歩く
途中、三民主義の掲示
台湾で文字としてみたのは初めて。
国共内戦時のものなので大陸反攻だけでなく
チベットも領土に含まれている。





連江県政府前の蔬菜公園
公園と名が付くものの実質畑



蔬菜公園



蔬菜公園



蔬菜公園





ホテル。1階がコンビニで便利。
朝、チェックインにはまだ早いがホテルへ

受付の女性は英語も通じないが
英語のできるスタッフへ電話をかけてくれる。
がしかし、私の英語では電話ではうまく通じず、来てもらうことに。

荷物を預かってもらう。
また、事前にお願いしていおいた北竿島での原付を依頼。
原付のナンバーを伝えられ、港で見つけるようにとの事。

港までホテルの車で送ってもらうが、
日本語のガイドマップが要るならと、港の前に空港に寄り
ビジターセンタで、日本語版を入手。
(ホテルには、中国語版と英語版しかなかった。)





再び福澳港



港でチケットを購入。



船で北竿島へ





白沙港で、聞いていたナンバーの原付発見
原付は満タン、鍵もついたままで港に置いてあった。
ヘルメットはシートの下に2個

免許証の翻訳を持ってきたのだけど、
チェックされることもなく、原付入手


ただし、ここで問題発生
原付の運転わからないわけではないが、基本操作がわからない。
シート下のヘルメットが取り出せない。
絵表示したがってキーを回すのだけど・・・
触っているうちになんとかシートが開きヘルメットを取り出すことに成功。
戦争和平記念公園へ(ほぼ島の反対側)

戦争和平記念公園へは、塘后沙灘を抜けて坂の上
坂の入り口には島に唯一という信号機。
細い坂道での行き違いを避け、交互通行のための信号機。






戦争和平紀念公園主題館






澎湖諸島のように下関条約で割譲されたのではなく、大戦中に植民地化されたことを知る。






迫撃砲



戦争和平紀念公園主題館上の展望台からbr>







戦争和平紀念公園主題館そばの大胆據點(現役でない軍事拠点)















原付を止めていた駐車場に戻る。
ここで再び問題発生

シート下のヘルメットを取り出そうとしたのだが
取り出し方がわからない。
ついさっき港でできたのに・・・
日陰もなく暑い中、汗をかきながら焦る。
鍵穴をいじっていると、急に鍵穴にカバーがかかる。
これはもしかして、盗難防止のロックが掛かったのか???

これはだめだと、原付の鍵に書いてある電話番号に電話。
原付の会社にかかるが、英語は通じない。
かといって、説明できるような中国語能力もない。
英語でなんとか状況を伝えようとするが、しばらくすると電話を切られてしまう。
ここであきらめるわけにもいかず、再度電話するが留守電・・・

困り果てていると、ホテルのスタッフの人からの電話
原付の会社からホテルに連絡が行ったら様子。
一歩前進したものの・・・今度は英語で状況を伝えなくてはならない。

英語で頑張るが、なかなか状況を伝えられない。
そもそもどこにいるのかと聞かれる。
War and Peace Memorial Park Exhibition Center(戦争和平紀念公園主題館)や
Stronghold12(12據點)と伝えるのだが
それはどこだと聞かれる。
Houao Village(后澳村)でようやくわかってもらえたのだが・・・

小さな島の数少ない観光スポットなのになぜわかってもらえないのか?
直射日光の下で暑いし、観光に使える時間が減ってくる中であせる。

ふと、鍵のカバーの開け方がわかる。
とりあえず、ホテルの方にはなんとかなったと伝えて電話を切る。

ただし、解決できたのは、カバーの部分のみ
さて、ヘルメットをどうやって取り出すか?
電話切るべきではなかったか???

原付で走っている若者に声をかけて、シートを開けてくれと頼む。
すると、キーを回すだけだよと簡単に開けてくれる。
キーの押し回しと、そのまま回すのの違い。
なんとも簡単なことに引っかかってしまった。

その後、若者が日本人か?どこから来た?と聞いてくる。
彼は、大阪に行ったことがあるという。
いい人でよかった。





原付復活で、08據點(現役でない軍事拠点)へ


57戦防砲 M1 57mm Anti-tank Gun



M48A3戦車 M48A3 Tank



M108自走砲 M108 Self-propelled Howitzer



M41軽戦車 M41 Light Tank





08據點



08據點



08據點



08據點



08據點



08據點



08據點



08據點



08據點





塘岐、后沃をつなぐ砂浜 塘后道沙灘
陸繋島の両方が島といった感じ。
南側は波があるが、北側の海面はおだやかだった。

台湾で唯一龍が飾られていない廟・楊公八使宮はこのあたりのはずだが
原付のトラブルで時間の余裕がなく断念。残念。




南側


北側




碧園
題字だけで、中には入らず。



壁山観景台から馬祖北竿機場
観景台とは言え、写真を撮っている反対側は、軍事施設
写真禁止と書いてあり、門衛の兵士もいて、ちょっとどきどき。





島の西側、「馬祖の地中海」とも言われる芹壁集落へ
漁業の没落で荒廃した街を修復保存してる。



ここではカエル将軍 鐵甲元師の廟を見たかったのだが、暑さがきつくこれも断念。










亀島



おしゃれなカフェや民宿もある。







こういう往時の標語は、大陸からの観光客に受けるらしい




















坂里大宅







坂里大宅向かいの北竿ビジターセンター
暑さにたまらず、涼みに逃げ込む。

北竿島で、あと行きたいところは、北海坑道
満潮時は入れないので、時間調整が必要。
最後にこの北海坑道を見てから、南竿島に戻る予定だっただが
ビジターセンターの男性曰く
中でストームがあったとか?
坑道で嵐?落盤でもあったのかな?
お互いつたない英語で、懸命にコミュニケーション
入れないまでも、入口は見ることができるかと聞くもよくわからない。
とりあえず行ってみる。









坂里沙灘




北海坑道



禁止侵入公告



入口に続く階段の手前に柵



柵のところから覗き込む。あれが入口かな?





北海坑道入口近くからの坂里沙灘
石英の浜は白くきれい。





観光マップには載っていなかった小さな廟
よく見ると、石灯籠にはいろいろなアジサシの像がある。








港に戻り、原付を返却。
来た時とは違い、並ぶ原付。
この時は原付の店の人もいて、原付を返すと早くターミナルに行った方がいいと言う。
まだ、時間の余裕ありそうなんだけどなぁ



カウンターでチケットを購入。
船は来ているようなので船に向かおうとするが、どこに行ったらいいのやら
あっちだよと示された方向に行くが、行き止まり。どうすればいいのだろう?
ターミナルの他の客さんが、何か言ってくれているのだけど中国語でわからない。
すると、国際線(大陸行き)のスタッフの人が、アナウンスがあるのでそれまでここで待てと
英語で話してくれた。
すると、近くにいた老人が性が日本語で、日本人かと確認した後、
アナウンスがあるのでここで待てと同じ情報をくれる。
日本語わかるなら、先に言ってよぉと思うが、日本人と思われていなかったのか???

その後、若い男性から、英語で話しかけてくる。
南竿の「青の涙」は見たかと聞く一方、今の時期はまず見られないともいう。
聞くと、ガイドさんで、国際線のお客さんの到着待ちだったらしい。
しばらくすると、国際線が到着。彼は仕事に戻った。
ふと振り向くと、しまっていたドアが開き、南竿えの船に向かう人が見える。
アナウンスあったの?気が付かなかった。というか、このタイミングでわかってよかった。



船は時刻表があるのだけれど、定刻より少し前に出発する。
南竿のホテルで、最終便ではなくその前に戻った方がいい、その方が安全と言われたのだが
このことか?時間ギリギリに駆け込んで、最終便を逃すと、それは困る。





南竿島 福澳港到 本日2回目



16時半 気温32度





タクシーでホテルに戻り、荷物を回収して部屋に入る。
さて、夕食はどうしたものか・・・
とりあえず、近所を回ってみる。
何か書いてある?日本語?



「新しく場に上ります」???
新登場を日本語に翻訳したのかな???。



混んでいる店は入りにくいけど、空いている店もちょっと怪しい。
店選びで疲れるのは嫌なので、諦めてコンビニ飯で済ませることにする。





















台湾といえば、やっぱりフルーツビール





左手首がパンダ状態。1日でこんなに・・・
日焼け止めのおかげで、痛いほどではない。